投資にまつわるリスクを知ろう

FXに限らず、投資をはじめる場合に必ず知っておきたいのが「リスク」です。リスクとリターンは表裏一体。投資でリターンを狙うからにはリスクはつきものと心得ましょう。
為替変動リスク
ハイリスク・ハイリターンであるFXは、為替の変動が利益を生んだり損失を出したりします。ですから、為替の変動そのものがリスクであると言えます。外貨預金に外国株、外国投信信託・・・外貨で運用する投資商品は、多かれ少なかれ為替レートの変動を受けます。為替レートが思惑通りに動いてくれれば、為替差益を得ることができますが、反対に思惑に反して動けば、為替差損が出ることになります。
こうした為替変動によって損失を被る可能性が、為替変動リスクと呼ばれるものです。
外貨で運用する投資商品にはどれも為替変動リスクがついてまわります。
しかし、FXの場合、こうした為替レートの変動が損益に与える影響は、他の投資商品よりも大きくなりがちです。
それは、FXでは「レバレッジ」を効かせて取引することができるからです。
ですから、為替変動リスクがレバレッジ次第ではかなり大きなものになるということを覚えておかなくてはなりません。特にFX初心者のかたは、取引ロットを小さくしたりレバレッジを小さくするなど、為替変動による損失を最小限に抑える工夫が必要です。
信用リスク
新聞や雑誌でときどき目にするのがFX業者の経営破綻のニュースです。いくら為替変動リスクや流動性リスクを減らすためにあの手この手を打っても、FX業者が破綻したために預けた資金が戻ってこないというのでは泣くに泣けません。FX業者は慎重に選ぶ必要があります。信用リスクの少ないFX業者を選ぶために注目したいのが、「分別管理」「信託保全」という言葉です。
「分別管理」とは、投資家から預かった資金を自社の資金と分けて管理を行うこと。改正金融先物取引法によって全ての業者に義務づけられています。ただし、理想をいうとこれだけでは不十分。分別管理よりも一歩進んだ「信託保全」を行っている業者を選びたいところです。
「信託保全」とは、投資家の資金を自社の資産と分けた上で、信託銀行に預託することです。これがしっかりと行われていれば、万が一経営が破綻してしまうような事態になっても、預け入れた資金が信託銀行から戻ってきます。
FX業者に対する金融庁の規制は年々厳しくなってきているので、信用リスクはこれから先は小さくなっていく可能性があります。しかし、最終的には投資は自己責任。厳しい目を持ってFX業者を選ぶようにしたいものです。
その他のリスク

信託保全が万全のFX会社を選ぼう

ひまわり証券

投資のリスクを楽しさに変える
選んで取引お任せ派なら「エコトレFX」
みずほ信託銀行へ信託保全(区分管理)

マネーパートナーズ

3年連続約定力No.1
100円から取引が可能 FX初心者向け
100%以上の信託保全で安心